ローダーイメージ

暁のメンバーをランキングで紹介!

アニメで最も有名なグループのメンバーを紹介しよう!

アカツキのメンバーは全員、アニメ『NARUTO-ナルト-』の展開において非常に重要な役割を果たしている。しかも、この傭兵組織はここ数十年のアニメの中で最も有名な組織の一つである。このグループの成功は非常に大きく、オタク界隈以外でも、彼らの名前を聞いたことがない人を見つけるのは難しい。

登場人物たちの紆余曲折のほとんどは、視聴者を驚かせる結果に終わり、その多くがファンの共感を得た。今日の記事では、このグループの全メンバーを弱いものから強いものまで紹介するので、彼らをもっとよく知ることができるだろう!あなたのお気に入りはトップですか?

飛弾

緋弾のキャラクター
緋弾のキャラクター

アカツキのメンバーの中で、ヒダンは最も人気のある一人だが、最強の一人ではない。アスマとの戦いでは、彼のサディスティックな性格や殺人を重要視する性格がよく見えたが、それだけでグループ最強の一人になれるわけではない。

もちろん、戦いになれば飛段は手強い存在であることに変わりはない。彼は不死身の能力を持ち、その耐久力は対戦相手に多くの頭痛の種を与える。しかし、彼を封印する方法を見つければ、さほど苦労することなく倒すことができる。

角津

角銅のキャラクター
角銅のキャラクター

カクズは簡単な相手ではない。彼はいくつもの心臓を持ち、自然のあらゆる要素との親和性を持っているため、相手が彼の弱点を知らなければ、彼との戦いは非常に複雑になる。しかし、アカツキのメンバーの中で最強というわけではない。

他の忍者から奪った5つのハートをすべて破壊すれば、カクズは倒される。他のハートが残っていれば、失ったハートを取り替えることができるため、ヒダンと同じく不死身といえる。アニメでは、心臓を消滅させる新技を習得したナルトによってのみ倒される。

ゼツ

ゼツというキャラクター
ゼツというキャラクター

多くの人はゼツを最弱メンバーだと思っているが、彼の扱いは簡単ではない。第四次忍者戦争では非常に重要な役割を果たし、その白い部分は戦略的ツールとして機能し、巨大な白ゼツの軍団を形成して多くの人々を苦しめた。

そして、黒ゼツが最初のチャクラ使いである大筒木カグヤ自身から生まれた生物であることを考慮すると、アカツキのメンバーの中で最弱であるとも言い切れない。オビト、ナルト、サスケのような強力な忍者の体を操ることに成功した彼の潜在能力は大きい。しかし、アカツキメンバーの中で最強であるとも言い切れない。

デイダラ

デイダラというキャラクター
デイダラというキャラクター

デイダラの強さは、アカツキのメンバーの中でも際立っていることは否定できない。彼は物を爆破する行為を芸術だと考えており、爆弾を発射する空飛ぶ粘土の怪物を作り出す能力によって、彼との戦いになるとかなり致命的なものとなる。

サスケとの激突では、爆発によるダメージを感じ、負ける可能性があったことは明らかだ。しかし、戦闘戦術は決してデイダラの得意とするところではなく、結局はサスケに軍配が上がった。しかし、別の対戦相手なら同じ運に恵まれただろうか?

喜雨

キサメキャラクター
キサメキャラクター

喜雨は、アニメの冒頭でアカツキがイタチ・ウチハのパートナーとして紹介されたときに登場する。彼は常に最強の部類に入ると評価されていた。というのも、それほど強くない者がイタチとパートナーになることはあり得ないからだ。

彼はキラーBとの戦いに大きく登場し、何度もキラーBを倒しかけた。最終的に彼は神裂に敗れたが、視聴者がBの命を危ぶむ場面は何度もあった。

コーナン

甲南のキャラクター
甲南のキャラクター

非常に強いだけでなく、小南はアカツキのメンバーの中で唯一の女性である。ペインとともにアカツキの創設メンバーである。彼女の能力は紙を操り、致命傷にすることである。鳶と対等に立ち向かい、もう少しで倒せるところだったが、鳶はいざなぎの術で現実を書き換え、忍者を驚かせた。

彼女のストーリーはそれ以上深まることはなかったが、彼女が見せた可能性は常に偉大だった。彼女はいつも長門のそばにいて、その不条理なパワーのために、本当の実力を発揮する機会もなく、少し見過ごされていたのかもしれない。しかし、彼女は決して弱くはなかった!

サソリ

サソリというキャラクター
サソリというキャラクター

サソリは人形の達人として知られ、アニメの中でも最もエキサイティングな戦いの中心人物である。問題の衝突はさくらと千代に対するもので、少年は最終的に負けるわけではないが、激しい戦いの後に降参する。

アカツキのメンバーの中で、過去と歴史が最も掘り下げられた一人である。このコンビはデイダラで構成されており、ナルトの先生の父親がサソリの両親の死に責任があったことから、カカシ・ハタケと直接的なつながりがある。

おろち丸

キャラクター・オロチマル
キャラクター・オロチマル

オロチマルは時を経てアカツキを裏切ることになったが、どう見ても一瞬だけアカツキのメンバーだった。彼は『NARUTO-ナルト-』シリーズで最も象徴的な悪役の一人であり、アカツキ・メンバーの中でも最強に値する。

オロチマルのせいで、三代目火影は中忍試験中に死亡し、まだアニメの古典的な段階であり、幼いサスケが葉の村を出た主な原因の一人ともいえる。オロチマルは不死身で、多くの術を会得しており、綱手、自来也とともに伝説の三忍の一人とされている。

板東

板東というキャラクター
板東というキャラクター

アニメで初めて言及されたアカツキのメンバー。内場佐助の兄で、アニメ開始前に一族で起こった大虐殺の張本人。サスケの復讐の主な標的でもある。

若くして驚異的なレベルに到達し、葉の里の忍者の中でも神童と呼ばれた。その後、逆賊となった後、傭兵団に加わり、アカツキ最強の一人となる。

トビ

トビ・キャラクター
トビ・キャラクター

最初は、トビは不器用でおちゃらけているように見え、ほとんど誰にも見向きもされない。しかし、物語が進むにつれ、トビの正体は、過去の忍者戦争で死んだと思われていた事故から生還し、復讐に燃えているオビト・ウチハであることが判明する。

オビトは輪廻の力を覚醒させることに成功し、その後、十尾の琵琶法師の陣中力となった。彼はしばらくの間、マダラ・ウチハのふりをし、その能力は非常に恐るべきものであったため、この話でかなりの数の人々を騙すことに成功した。

痛み

痛みというキャラクター
痛みというキャラクター

うずまき長門は、のちにペインと呼ばれるようになる。幼なじみの小南、弥彦とともにアカツキの創設者でもある。

有名な神羅転生の一撃で木の葉の里を壊滅させることができた。また、賢者の六道を使いこなし、NARUTO宇宙最強の術である輪廻の力を持つ。

で主役の悪役を演じたのもこのグループだった。 ナルト アカツキのリングの意味など、その詳細については長い間取材してきた。しかし、強さに関しては、これがランク付けされた全メンバーのリストである。あなたはこれに同意しますか?あなたならどう変える?コメントで教えてください!お楽しみに NARUTO-ナルト-』最強キャラ13人ランキング

ニック・ナルカメ
フルミネンセ連邦大学で文学の学位を取得。2011年から専門サイトや雑誌でアニメについて執筆しています。漫画、ドラマ、ゲーム、コスプレ、チョコレートにも興味があります。現在は Rede Ardente などがある。

コメントする