柔術界で最も衝撃的だった10の瞬間
ローダーイメージ
お知らせ

呪術廻戦の最も衝撃的な瞬間10選

アニメファンを驚かせた瞬間をチェックしよう!

他にも読む:
お知らせ

柔術回胴戦はオタクに最も愛されている作品のひとつである。その理由は、魅惑的なストーリーと目を見張るようなファイトだけではない。ストーリーは予想外の展開に満ちており、一見手が出せないと思っていた人物の死にファンが驚いたことも一度や二度ではない。

そこで、『柔術廻戦』における最も衝撃的な瞬間ベスト10を、インパクトの弱いものから信じられないものまで挙げてみることにした。もちろん、次に誰が残酷な死に驚くことになるかわからないし、この作品はまだ刊行中なので、これまでの出来事を考慮に入れてのことだ。

駒にされる伏黒杜氏

伏黒杜氏というキャラクター
伏黒杜氏というキャラクター

正確には死ではなかったが、伏黒杜氏の状況は筋書きを大きくひねったもので、柔術回天の最も衝撃的な場面のひとつとなった。このキャラクターは小悪党として登場したが、時間が経つにつれて、その穴はもっと深かったことがわかる。

トウジは実は大きな計画の駒として使われ、渋谷編以降はゾンビのような存在となり、邪魔者を殺すようにプログラムされていた。彼との対決で倒れそうになった人物の一人が、実の息子である恵であることが判明した。怖いだろ?

矢賀正道の死

ヤガの死亡現場
ヤガの死亡現場

渋谷事件編は、柔術海戦で最も衝撃的な出来事のひとつだった。矢賀正道がすべての災厄の責任を取って処刑されたとき、多くのファンが感動した。

アニメの筋書きにさらなる密度を持たせるために、八戒の処刑は学願寺の手によって行われ、彼の遺体は後にパンダによって目撃されたが、すでに生気を失っていた。このキャラクターは柔術大学の柱の一人であったため、この瞬間は衝撃的であると同時に、非常に悲しいものであった。

剣岳と真人の偽りの同盟

真人の死のシーン
真人の死のシーン

真人自身も含め、誰もが驚いた瞬間だった。悪役は剣雀との同盟を信じていたが、結局は裏切られたのである。

二人の間に存在した同盟関係は見せかけに過ぎず、真人が剣雀の役に立たなくなると、剣雀は何の考えもなしに真人を吸収した。二人の間に存在すると信じていた友情は存在しなかった。

スクナがつみきを殺害

つみきの死亡現場
つみきの死亡現場

柔術海戦で最も衝撃的な場面の主役といえば、スクナは間違いなくトップに君臨する。今回のつみきの死は、『柔術回天』で最も暗い瞬間のひとつとして際立っている。

この日、スクナはめぐみの体を手に入れる機会を得て、実害を与えることになった。悪役は、少年の戦闘技術を利用して、実の妹であるつみきを残酷に殺害したのだ。めぐみはこのトラウマを一生背負っていくことになる。

伏黒の復活

めぐみのキャラクター
めぐみのキャラクター

しかし、アニメで血を流すのは悪役だけだと思ったら大間違いだ。伏黒めぐみが「自分はヒーローではない」と言い続けてきた理由を見せようと決めたとき、少年は柔術回天の最も衝撃的な場面のリストに入るにふさわしいシーンを作り出した。

淘汰ゲームで剣岳と対峙したとき、少年は待ち伏せされ、殺すか殺されるかの勝負となった。自分の生き残りをかけて、彼は非常に残忍な方法で針千鶴の命を奪い、ファンを当惑させた。

リカの呪い

呪われた魂としてのリカ
呪われた魂としてのリカ

この事件には死が絡んでおり、『呪術廻戦』の中でも最も衝撃的な場面のひとつなのだが、驚かされたのはキャラクター本人が亡くなった後だった。リカは『呪術廻戦0』の主人公・勇太の幼なじみで、霊となって死から蘇り、勇太を守り、力の源として彼に仕えた。

裕太は長い間、リカが死んだ後も自分のそばにいたのは愛のためだと信じていた。しかし、五条悟の調査によって、それはまったく別の理由であることが判明した。実は、裕太は偶然、呪いという形で理香を呼び出してしまったのだ。理香をそうさせてしまった責任が自分にあることを知った裕太は、少年にも視聴者にも衝撃を与えた。

板東祐二の死

祐二の心臓を手にするスクナ
祐二の心臓を手にするスクナ

少年アニメで主人公を殺す大胆さを持つ作品はほとんどない。しかし、この作品の作者は、自分の物語が革新的であることを証明し、柔術廻戦の最も衝撃的な瞬間のひとつとなった最初の出来事を生み出した。

最初の章では、スクナは板鳥の遺体を手にしたまま五條悟と対峙し、驚くべき手口で彼の心臓を引き裂いて命を奪う。もちろん、少年は後にスクナと契約して戻ってきたのだが、当時は多くの人が驚いた。これはまた、『柔術回天』において、最も衝撃的な場面というだけでなく、最も暗い場面のひとつでもあった。

七海健人の死

七海健人というキャラクター
七海健人というキャラクター

七海はシリーズファンの間で最も愛されているキャラクターの一人であり、彼の死は『呪術廻戦』の最も衝撃的な場面から外すことはできなかった。魔術師はジョーゴによって火傷を負わされたが、それでもファンは彼の回復を願っていた。

しかし、彼はマヒトに出くわし、悪党は容赦なくマヒトを殺害した。雄二はこの事件を目撃し、その一部始終に深い感動を覚えた。しかし、それは少年がそれ以降目撃することになる残忍な殺人の始まりに過ぎなかった。

釘崎野ばらの死

野ばらというキャラクター
野ばらというキャラクター

野ばらは五條に鍛えられたトリオの一人で、雄二と非常に親しかった。作者が彼女を殺す勇気を持つとは誰も想像していなかったが、彼は殺した。彼女が『柔術廻戦』で最も衝撃的な死を遂げたのは、真人が仕掛けた待ち伏せの最中だった。

これは渋谷事件編で起こった。マヒトが彼女を襲ったあまりの残忍さに、多くのファンが野ばらの死に疑問を抱いたほどだ。間違いなく、これは『柔術廻戦』で最も衝撃的な瞬間のひとつだった。

五條悟の死

五條の死のシーン
五條の死のシーン

しかし、『柔術廻戦』における最も衝撃的な瞬間の中で、漫画の五条悟の死ほど大きな騒ぎを引き起こしたものはない。このキャラクターはファンの間で人気のリーダー的存在であり、彼の死は、作品の世界では誰も、まったく誰も手が出せないということを示している。

そのとき五条はスクナと対峙していた。一瞬、彼は呪いの王に勝利したかに見えたが、ひねりが加えられて、結局、残酷な敗北を喫したのは悟であり、五條ではなかった。衝撃的な出来事だっただけに、ファンは今日に至るまでこの出来事を処理しようとしている。

しかし、あなたはどうだろう?の最も衝撃的な瞬間にふさわしいシーンが他にあるだろうか? 柔術海戦?コメントで教えてください!また、この機会に 作品世界の呪われた13の最強テクニック!

ニック・ナルカメ
フルミネンセ連邦大学で文学の学位を取得。2011年から専門サイトや雑誌でアニメについて執筆しています。漫画、ドラマ、ゲーム、コスプレ、チョコレートにも興味があります。現在は Rede Ardente などがある。

コメントする