ティム・バートンの映画ベスト11!
ローダーイメージ
お知らせ

ティム・バートンの映画ベスト11!

監督のマラソンへのベストタイトルをチェックしよう!

お知らせ

ティム・バートンは映画界で最も有名な監督の一人だ。彼が監督する映画の紛れもないルックの持ち主であるこの映画監督は、30年以上にわたって監督を務めており、映画館での最新作は2019年公開の『ダンボ』だ。しかし、彼の作品は最近のものも含め、あらゆる世代のファンの心を掴んできた。

このリストでは、IMDbのウェブサイトによると、ティム・バートン作品のベスト11をお届けします。ティム・バートン監督の作品の中で、あなたのお気に入りが上位にあるかどうか、ぜひお確かめください!

ビッグ・アイズ(2014年)

エド・ウッド』同様、『ビッグ・アイズ』も実話に基づいている。よりシリアスなテーマで、女性の発言力の欠如や、女性を利用する男性による虐待など、社会的に問題視されている問題を論じている。これらはすべて、監督のダークな作風に沿ったものだ。

ここでは、1950年代に名声を得たが、その作品はすべて夫の作とされていた画家マーガレット・キーンを紹介する。この男は、どんなに優れた絵画であっても、男の手によるものでなければ売れないと考えていたのだ。この映画はIMDbで7点の評価を得ており、批評家たちはティム・バートンの全キャリアの中でも最高傑作のひとつと考えている。

バットマン リターンズ (1992)

1989年にティム・バートンが監督した『バットマン』は大成功を収め、監督は続編への参加を要請された。ここで彼はより創造的な自由を要求し、ワーナーは彼に全権を与えた。その結果、ティム・バートンの最高傑作のひとつが誕生したのだが、子供には不向きなシーンがあったり、企業がこのタイトルのプロモーション商品を作るのに苦労したりしたため、収益性はあまり高くなかった。

物語の中で、ペンギンは市長選に立候補する悪役として登場し、ゴッサムの支配権を狙う大富豪の口利き役を務める。一方、キャットウーマンも過去のトラウマから二重人格を持つ新たな脅威として登場する。そんな作品にもかかわらず、『バットマン リターンズ』はIMDbで7.1の高評価を得ており、カルト的な面白さを持つ作品として多くの人に愛されている。

首なしホースマンの伝説 (1999)

IMDbスコア7.3の『首なし馬車の伝説』は、ティム・バートンの最高傑作のひとつとも言われている。ゴシックな美学、淡い色調、メランコリックなホラータッチなど、監督の名声を確固たるものにした要素がすべて詰まっている。

ここでは、不可解な死と首を切られた死体に悩まされる町が紹介される。これらの殺人は、神秘的で民間伝承的な地元の人物の仕業とされているが、懐疑的な探偵は、神秘主義に関わることなく、この事件の真相を解明しようとする。

猿の惑星 (2001)

猿の惑星』は1968年に公開された映画で、映画の古典としての地位を確立している。ストーリーの再構築は誰にでも任せられる仕事ではなかったため、バートンがこのリメイク版の監督を担当し、IMDbで7.3点を獲得、多くの人がティム・バートンの最高傑作のひとつとみなしている。

この作品には、ティム・バートン監督のビジュアル・アイデンティティがあまり感じられない。それは、当時のメイクアップアーティストが、登場人物をティム・バートン作品にありがちな戯画化された人物に変身させたくなかったからだと、後に本人が明かしている。

プロットでは、パイロットが宇宙船で事故に遭い、見たこともない惑星にたどり着く。そこでは人間が霊長類に狩られ、奴隷にされていた。主人公の到着によって革命が始まろうとしている。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (2007)

バートンらしい作品を作る要素をすべて体現した作品といえば、『スウィーニー・トッド』だろう。ヒュー・ウィーラーの創作に基づくこのミュージカルは、ゴシック的な側面、視覚効果、漫画的なキャラクターを持ち、ティム・バートンの最高傑作のひとつとしても記憶されている。

アカデミー賞では3部門にノミネートされたが、美術賞を受賞したのみ。英国社会から不当な扱いを受けた男が、何年も後に不吉な復讐を果たしに戻ってくる。この冒険はIMDbで7.3の評価を得ており、ティム・バートンの最高のキャラクターが登場する。

コープスブライド (2005)

コープスブライド』は、バートン監督による初のアニメーション映画であり、彼のレパートリーの中でも最もよく知られ、賞賛されている作品のひとつである。ゴシックアート、難解なものとの対話、ホラーなど、バートン監督の過去作がもたらしたコンセプトから大きく逸脱することなく、軽快なタッチで描かれており、IMDbで7.4を記録したティム・バートンの最高傑作のひとつに数えられている。

屍の花嫁』では、ヴィクトリア朝時代のお見合い結婚から逃れようと必死な青年が森に逃げ込む。思い悩んでいるうちに、彼は枝に指輪をはめてしまい、最後にはすでに死んでいる少女と婚約してしまう。プロットは生者と死者の世界を頻繁に行き来し、色使いが、死者の世界が生者のいる場所よりもずっと「生きている」ことを示唆しているのがよくわかる。

ゴーストは楽しんでいる(1988年)

バートン監督を語る上で、『ファンタスティック・ビースト』を語らないのは不可能に近い。この作品は、バートン監督ならではのコメディとホラーをミックスし、彼のトレードマークとなったあらゆる側面を取り入れた最初の作品である。IMDbのレーティングは7.5で、今さらながら、ほとんどの人がティム・バートン監督の最高傑作のひとつと考えていることがわかる。

元々は『ビートルジュース』として知られるこの映画は、事故で死んでしまった夫婦が幽霊となって住んでいた家に戻ってくるというストーリーだ。しかし、とても不都合な家族が引っ越してきて、彼らは彼らを追い出すために多くの助けを必要とする。

バットマン (1989)

スーパーマン ザ・ムービー』(1978年)は公開と同時に成功を収めたが、スーパーヒーローというジャンルを映画界に有益なものとして定着させたのは、バットマンのこのバージョンだと多くの人が信じている。バットマンを実写化した最初の試みではなかったとはいえ、ヒーローが子供のものである必要はないことを示した最初の作品だった。

バットマンのコンセプトにぴったりなゴシック調のフィーリングで、ストーリーはバットマンというキャラクターについて誰もがすでに知っていることから大きく逸脱していない。大富豪のブルース・ウェインは、幼い頃に両親を亡くし心に傷を負い、大人になるとコウモリに扮してゴッサムの街で犯罪と戦う。この映画はIMDbで7.5点を獲得し、ティム・バートンの最高傑作のひとつとして今でも知られている。

エド・ウッド (1994)

伝記的なタイトルも得意とするバートン監督は、『エド・ウッド』のタッチで観客に大きな印象を与えた。IMDbでの評価は7.8点で、それまでファンタジー作品ばかりだったバートン監督のキャリアにおいて、初めて "シリアス "な作品となった。

ティム・バートンの最高傑作のひとつとなったこの物語は、エドワード・D・ウッド・ジュニア監督の半生を描いたものである。彼の作品はどれも低予算で、そのキャリアはホラーへの情熱を示すものだった。バートン監督によるこのオマージュは、アカデミー賞にも出品され、2部門を受賞した。

エドワード・シザーハンズ(1990年)

映画ファンにとってティム・バートンの代名詞といえば、『エドワード・シザーハンズ』だろう。ストーリーは古典『フランケンシュタイン』から多くを借りており、科学者によって作られた少年が完成する前に死んでしまう様子を観客に見せる。発見された少年は文明に連れて行かれ、人間という怪物に適応しようとする最大の試練に直面する。

エドワード・シザーハンズ』は、ティム・バートンの最高傑作のひとつである。大人も子供も、そしてお年寄りまでもがこの映画をとても気に入っている。IMDbでは7.9点で、監督のベスト3に入る。

ビッグ・フィッシュとその不思議な物語 (2003)

ティム・バートンの最高傑作の中で最も評価が高い作品。IMDbでの評価は8点で、批評家からも一般大衆からも高い評価を得ている。ダニエル・ウォレスの原作を映画化したもので、バートン監督による "シリアス映画 "のひとつと言える。

ここでの見どころは父と息子の関係である。ウィリアムと呼ばれるその息子は、父親と非常に複雑な関係にある。というのも、父親は生涯を通じて、死の床にあるときでさえも、いつも非常に空想的な話をしていたからだ。ウィリアムはジャーナリストであり、父の死後に語られた物語を調査することを決意する。

への貢献が常に際立っていたにもかかわらず、である。 ジャックの奇妙な世界 (1993)では、バートンは監督を務めていない。彼はマイケル・マクダウェルとともにプロデューサーの1人で、ヘンリー・セリックが監督を担当した。

しかし、一般的には、物語の質の高さと大衆からの人気の高さから、ティム・バートンの最高傑作リストに入ることも容易だろう。IMDbレーティングは7.9で、これは『エドワード・シザーハンズ』と並んで最高レーティングの第2位となる。

しかし、あなたはどうだろう?ティム・バートンのベスト映画リストに同意しますか?もっと追加しますか?コメントでご意見をお聞かせください!そして、この機会に マラソンに最適なゾンビ映画ベスト7!

ニック・ナルカメ
フルミネンセ連邦大学で文学の学位を取得。2011年から専門サイトや雑誌でアニメについて執筆しています。漫画、ドラマ、ゲーム、コスプレ、チョコレートにも興味があります。現在は Rede Ardente などがある。

コメントする