ローダーイメージ

チェーンソーマンの13人の主要登場人物!

フランチャイズ最強のキャラクターを紹介!

多くの人が挑戦しているが、良いストーリーとそれを作り上げる側のカリスマ性を両立させたアニメはほとんどない。これが『チェーンソーマン』のケースであり、暴力的な戦い、ドラマチックな過去、そして質の高いアニメーションに満ちたストーリーは、オタクなら誰もが好むものだ。

このリストでは、藤本タツキが原作とイラストを手掛けたこの作品をより深く知ってもらうために、『チェーンソーマン』の主要登場人物13人をまとめてみた。このリストでは、藤本タツキが原作とイラストを手掛けたこの作品を少しでも知ってもらうために、『チェーンソーマン』の主要登場人物13人を、最も力の弱いキャラクターから最も巧みなキャラクターまで、順を追って紹介する!あなたのお気に入りのキャラクターはいますか?

コベニ

小紅というキャラクター
小紅というキャラクター

チェーンソーマン』の主人公の一人であるにもかかわらず、小紅はあまり強くないことで知られている。彼女は未知の悪魔的存在と契約しており、常に非常に怯えている。それは永遠の悪魔との対決で明らかになった。

小紅は本当は悪魔ハンターとして働きたかったわけではない。彼女はとても貧しく、他に選択肢がなかったからこの仕事を引き受けただけなのだ。しかし、それにもかかわらず、彼女は映画の中で勇気と決意を示す瞬間がある。

天使の悪魔

エンジェルというキャラクター
エンジェルというキャラクター

エンジェルは『チェーンソーマン』の主人公の一人であると同時に、人々の天使に対する恐怖を擬人化した悪魔でもある。彼は悪魔ハンター機関で働き、彼の肌に直接触れた者の寿命を縮める。

第4師団では岸部に次ぐ最強のエージェントと言われている。彼の能力は処刑の際に非常に役に立つ。長く手を触れれば、苦痛を与えずに人間を抹殺することができるからだ。アキは彼の手を握ってから2ヶ月の命を失ったと言われている。

早川亜希

アキというキャラクター
アキというキャラクター

アキは『チェーンソーマン』で最も愛されている主人公の一人だ。真面目で物静か、組織的な彼の態度は、初めて会った瞬間からファンを魅了する。様々な悪魔と契約しており、仕事に対して非常に責任感が強い。

そのため、最初はデンジに失礼だと思い、共感しなかったが、マキマから新しい仕事の指導を任され、後に2人の絆は深まる。パワーがトリオに加わったことで、アキは自分とはまったく違うもう一人の人間の面倒を見なければならないことに気づき、より多くの絆を築き、少しオープンになる。

パワー

パワー
パワー

チェーンソーマン』の主要登場人物の中で、パワーはかなり人気がある。実は死体に憑依している血の悪魔で、デンジとともにマキマ課の悪魔ハンター機関で働いている。

彼女は血液を操ることができ、それを固体の武器に変えることができる。わがままで子供っぽく、衝動的で貪欲だが、戦いに身を投じる前に戦況を見極められるほど賢い。時が経つにつれ、デンジやアキと深い絆で結ばれるようになる。

岸部

岸部というキャラクター
岸部というキャラクター

チェーンソーマン』の主要登場人物の中で、岸部は最も喧嘩を売りたくない人物の一人だ。彼は3つの契約を結んでいる。1つは爪の悪魔、もう1つはナイフの悪魔、そして最後に針の悪魔だ。

常に思ったことを口にし、少しも穏やかな振る舞いをしないことで知られる人物。かつては魔物ハンター機関第1課に所属していたが、特課襲撃事件後、特課第4課の隊長となった。

カタナマン

カタナマンキャラクター
カタナマンキャラクター

カタナマンは、物語の冒頭でデンジが殺したヤクザの孫で、『チェーンソーマン』の主人公の一人でもある。祖父の死に復讐しようと、伝次一行を脅し、拳銃で殴る。

対決の最中、カタナマンは死に、デンジと同じハイブリッドとして蘇るが、主人公のように体からチェーンソーが出るのではなく、カタナを持っている。彼の主な目的は、実はデンジの心臓を盗み、ポチータの名残を奪うことだった。

沢渡あかね

茜というキャラクター
茜というキャラクター

茜は『チェーンソーマン』で最も謎めいた主人公の一人である。彼女の外見は少女のそれであり、わかっているのは、一人で仕事をするのが好きで、蛇の悪魔と契約しているということだけである。

彼女はカタナマンとも関わっており、アニメの第2アークの敵役を務める。アカネについてもうひとつ注目すべきことは、彼女がマキマの力を知っており、特務課襲撃の首謀者であるということだ。

デンジ

デンジというキャラクター
デンジというキャラクター

デンジは『チェーンソーマン』の主人公であり、現在はチェーンソーの悪魔の使い手である。彼は貧しい少年で、生前は餓死しないように必死に戦わなければならなかった。彼はヤクザの待ち伏せで殺されたが、仲間のポチタによって蘇生され、悪魔のハイブリッドに変身させられた。

少年はマキマに引き取られることになり、彼女の命令で悪魔狩り機関で働き始める。そこでアキやパワー、その他多くのエージェントと出会い、絆を深めていく。

ガルガリ

ガルガリ・キャラクター
ガルガリ・キャラクター

パワーと同様、ガルガリも悪魔に取り憑かれており、『チェーンソーマン』の主人公の一人である。彼が象徴する悪魔は暴力であり、カタナマンの襲撃時に何体ものゾンビを倒す役割を担っていた。

暴力の象徴とはいえ、ガルガリは蜘蛛の悪魔プリンシを人間の女と間違えるなど思いやりを見せており、人間が傷つくことを嫌っていることがわかる。ちなみに、このキャラクターはかなり礼儀正しい。

ポチタ

ポチタのキャラクター
ポチタのキャラクター

ポチータは、私たちが最初に出会うチェーンソーマンの主人公の一人であり、デンジがまだ人間だった頃の忠実な仲間でもある。かわいい子犬のような外見をしているが、この小さな存在が内に秘めている力の大きさは、彼を見た誰もが想像できないだろう。

彼はチェーンソーの鬼で、主人公がヤクザの待ち伏せで殺された時、自分を犠牲にしてデンジを生き返らせる。ポチタは少年の心臓となり、以後、彼は鬼と人間のハイブリッドとなる。

ガン・デビル

悪魔のピストル
悪魔のピストル

チェーンソーマン』の主人公の一人であり、歴史上最も危険な悪魔の一人である。悪魔は人々の恐怖から生まれるものであり、テロリズムの発生率や銃器へのアクセスが年々大きくなるにつれ、この悪魔も力を増してきた。

体のあちこちに様々な武器が散らばっており、コマンドで発射することができる。また、平均以上のスピードを持ち、数秒で世界中を移動し、死者の跡を残すことができる。

マキマ

マキマのキャラクター
マキマのキャラクター

マキマはチェーンソーマンで最も人気のある最強のキャラクターの一人である。彼女は政府によって設立された悪魔狩り機関で、高級ハンターとして働いている。ヤクザの小屋で目覚めたデンジを助け、ペットとして飼い、常に自分のそばにいるように操る。

彼女は何をするにも非常に巧みで、緊急事態にも冷静沈着かつ自然体で対処する。彼女の性格には謎が多く、本当の目的が明らかになるのは漫画の終盤になってからだ。

闇の悪魔

闇の悪魔
闇の悪魔

聖書の物語でさえ、闇は光を通して神によって戦われるものとして冒頭に言及されている。闇は常に人間にとって最大かつ最古の恐怖の一つであり、それゆえにチェーンソーマンの最強の主人公の一人である「闇の悪魔」が生まれた。

彼は根源的な恐怖のひとつであり、その巨大な力のために、人類のもうひとつの根源的な恐怖である死に直面したことがない。マキマでさえ彼ほど強くない。

チェーンソーマン』における主要人物の重要性は?

ここに挙げた登場人物はそれぞれ、プロットをクライマックスに向かわせる役割を担っている。たとえ大なり小なりそうであったとしても、彼らなしには物語は成り立たない。 チェーンソー・マン 視聴者に親しまれ、愛され、今日のように高く評価される作品となった。

しかし、あなたはどうだろう?このリストの登場人物の位置づけに賛成ですか?コメントでご意見をお聞かせください!こちらもチェックチェーンソーマン』で死ぬ人 ネタバレを気にしなければ!

ニック・ナルカメ
フルミネンセ連邦大学で文学の学位を取得。2011年から専門サイトや雑誌でアニメについて執筆しています。漫画、ドラマ、ゲーム、コスプレ、チョコレートにも興味があります。現在は Rede Ardente などがある。

コメントする