One Pieceの最強アクマノミ11人ランキング
ローダーイメージ
お知らせ

One Piece最強のアクマの実11人ランキング

他にも読む:
お知らせ

One Pieceは、世界中で最も愛されているアニメのひとつとして知られているが、尾田栄一郎原作のこの作品は、有名な「悪魔の実」なしには成り立たない。元々は「悪魔の実」と呼ばれ、作品を多様化させ、各キャラクターにユニークな能力を与えている。しかし、『One Piece』で最強のアクマの実11個はどれかご存知だろうか?ランキング形式で紹介しよう!

そう、デビルフルーツには実に様々な種類があるのだが、その起源は未だ謎に包まれている。今日は、作中最強のアクマの実についてもっと解明する手助けをし、それぞれの詳細についてすべてお話ししましょう!さあ、船乗りさん?

アクマの実とは?

最強のアクマの実
悪魔の実

簡単に言えば、アクマの実とは、One Pieceの世界では、シリーズのほとんどの主要登場人物のパワーの源なのだ。この悪魔の実は世界中に何百とあり、それぞれ食べた者に異なる力を与えると言われている。

アクマの実を食べた者は泳げなくなり、水に落ちれば溺れる運命にある。One Pieceは海賊のアニメなのだから、皮肉なものだ!しかし今日は、これまでのシリーズで最も強力な11の悪魔の実を選んでみた。

11 - メラメラの実

最強アクマの実 メラメラの実
メラメラの実

ポートガス・D・エースというキャラクターが使っていた「メラメラの実」という悪魔の実。炎に変身し、炎を意のままに操ることができるため、作中でも最強の悪魔の実と言われている。

この「あくまの実」によって与えられた能力で、攻撃や防御を非常に効果的に行うことができる。しかし、ポートガス・D・エースは死んでしまい、彼の死後、もう一人のキャラクター、サボが「あくまの実」を消費することになった。サボは「エースの魂」を宿している。

10 - マグ・マグの実

最強アクマの実:まぐまぐの実
マグ・マグの実

まぐまぐの実」はマグマの実として知られ、現在はサカズキが使い手となっている。この悪魔の実の能力は、使用者は自分の体をマグマに変えることができ、攻撃的に近づく者を燃やしながら身を守ることができる。アニメでは最強クラスのアクマの実であり、攻撃力の高いロギア系として知られている。

サカズキはアニメを通してほとんど戦わないが、氷の力を持つもう一人の海軍提督、クザンと対戦した瞬間を少しだけ見ることができる。しかし、見どころはエースとの戦いで、炎に包まれたエースの体をマグマで貫いたことだ。

9 - ゴロゴロの実

最強アクマの実:五郎五郎の実
ゴロゴロの実

アクマの実最強のもうひとつ、ゴロゴロの実「稲妻の実」に話を移そう!現在、この実はスカイピア編の主な敵役であるエネルというキャラクターのもので、その能力によって全身を純粋な電気に変えることができる。この力によって、エネルは実質的に無敵の敵になった。

体が変化するだけでなく、「ゴローの実」は200,000,000ボルトの電荷を持つ稲妻を呼び出すことができ、稲妻の速度でテレポートすることもできる。また、自分の心臓に電荷を送り、再び鼓動させることもできる。さて、このアクマの実がOne Pieceで最強のアクマの実である理由はお分かりいただけただろうか?

8 - ピカピカの実

最強アクマの実 ピカピカの実
ピカピカの実

さて、ピカピカの実、別名「光の果実」である!現在、この悪魔の実の持ち主はボルサリーノというキャラクターで、キザル提督とも呼ばれている。悪魔の実の能力は、光の速さで移動すること、キックの速度と威力を上げること、そして自分の体重を減らすことで空中に長くとどまることである。

ボルサリーノがOne Piece最強のアクマの実の一人であるのは、これまで見てきたことのほかに、指からレーザーを放ち、人体を貫通させたり、熱爆発を起こしたりすることができるからだ。さらに、強い光を放つことで敵の目をくらませ、それを固めて剣に変えることもできる。

7 - オペ・オペ・ノ・ミ

最強アクマの実:オペオペの実
オペの実

オペ・オペの実として知られる悪魔の実は、いわゆる「手術の実」であるため、その差はある。この果実は、使用者に医療手術を簡単かつ経験豊かに行う能力を与え、持ち主を世界最高の外科医の一人にする。現在、トラファルガー・ローがその使用者である!

それは、ローが敵の体の一部を簡単に操作できる球状の領域「部屋」を作り出すことができるからだ。腕、足、そして心臓さえも、海賊がその気になれば摘出することができる。

6 - とりとりの実、Fenixモデル

最強アクマの実:鳥鳥の実
鳥取の実

One Piece最強の「あくまの実」のひとつで、不死鳥に変身できるだけでなく、スタミナ、体力、飛行能力を持つ。

この果実の大きな特徴のひとつは、不死鳥の青い炎である。この炎は他のどんな炎よりも強力で、治癒作用もあると考えられている。マルコがその青い炎に包まれると、どんな攻撃を受けても瞬時に再生し、大きなダメージを与えることができる。 

5 - そるそるの実

最強アクマの実:そるそるの実
そるそるの実

最初の女性キャラクター、ビッグ・マム:現在「魂の実(ソル・ソル・ノミ)」の使い手!ビッグ・マムはOne Pieceの悪役の一人で、最も強力なアクマの実の一つを所持している。アクマの実は人間の魂を操り、交流させることができ、敵の生命力の一部を吸収することさえできる。さらに、自分の魂をホーミーと呼ばれる無生物に宿すこともできる。

ゼウス、プロメテウス、ナポレオンである。ゼウスは雲、プロメテウスは太陽、ナポレオンは帽子(悪役が戦闘で使用する剣に変形することができる)である。

4 - 魚のミ、モデル:世陸

最強アクマの実:魚魚の実、世陸モデル
魚の実

最強の「悪魔の実」の第4位は「ウオウオの実」である。これはセユを模した果実で、ドラゴンの果実としても知られている。海堂はこの悪魔の実の一部または全部を変身させることができる。 

変身だけでなく、魚の目は使用者の持久力と体力も増加させる。部分的な変身はビーストと呼ばれ、海堂には角、爪、鱗が生え、直接の打撃に強くなる。完全な姿は巨大で鋭い牙を持ち、火の雲を作って空を飛んだり、空中にとどまったりすることができる。 

カイドウの主な攻撃は口から出る炎の稲妻で、城や山、大きな建造物があるものなら何でもすぐに壊滅させることができる。Luffyがこの皇帝に苦戦したのも無理はない。

3 - ぐらぐらの実

最強アクマの実:グラグラの実
グラグラの実

第3位は、白ひげが持っていたが、最初の使用者の死後、黒ひげの手に落ちた地震の実「ぐらぐらの実」である。地震の揺れを伴う名前から、One Pieceで最強のあくまの実と言われる所以は推して知るべしだろう。使用者は、空中に亀裂を発生させることができる地震や衝撃波を作り出すことができる!

地震の力を使えば、敵の攻撃を止めたり、山や氷のような構造物にひびを入れたり、危険な津波を発生させたりすることができる。海軍の提督の一人であるセンゴクというキャラクターによれば、この実の力を完全に使いこなせば、全世界を破壊することも可能だという。

2 - ヤミヤミの実

最強アクマの実:闇夜の実
ヤミヤミの実

第2位は、黒ひげが所有する「闇の果実」とも呼ばれる「ヤミヤミの実」である。彼は四皇の一人であり、「闇金ウシジマくん」の主要な敵役の一人である。

ロギア系の悪魔の実であり、使用者に攻撃を吸収できる闇の身体を与える。しかし、吸収する際の痛みが倍増するという欠点がある。それでも、村ごと飲み込んでしまうほどのブラックホールを作り、黒ひげに投げられるという点では、最強クラスの悪魔の実といえる。

エースが強キャラと言われていた時代)エースを倒すために、その技を使う姿が見られる。また、アクマの実がなくてもシリーズ最強の海賊の一人であるシャンクスの顔に有名な傷を残したのもティーチである。

1 - ごむごむの実

最強アクマの実:ゴムゴムの実
ゴムゴムの実

さて、One Pieceの最強アクマの実トップ1を語るには、シリーズとその主人公であるLuffyのネタバレをしないわけにはいかない。ネタバレが嫌な方のために、ここで少しネタバレをしますのでご注意を!

シリーズ冒頭でLuffyが食べた悪魔の実は「ゴムゴムの実」と呼ばれ、全身を伸縮させるゴムの力を与える。しかし、海堂との戦いの中で、Luffyが実際に食べたのは「ひとひらの実」であることが明らかになる!この暴露はファンに驚きを与えただけでなく、主人公のギア5に新たな変身をもたらした。

この新たな変身によって、Luffyの心臓は調和のとれた鼓動を刻み、持久力が増し、筋力もかなり向上した。ゴムの能力も上昇し、Luffyは完全に可鍛性になる。地形をゴムに変えたり、この能力で敵に影響を与えることもできる。 

最強のアクマノミの中で際立っているのは?

もちろん、フランチャイズ全体のハイライトは、愛すべき主人公の所有下にあることだろう、 モンキー・D Luffy!何年もの間、私たちはキャラクターの進化、特に彼自身のパワーと能力のコントロールに関する進化をすべて追うことができた。

しかし、One Pieceで最強のアクマの実がどれなのかはお分かりいただけたと思う。 One Pieceの報酬トップ15?また、コメントでご意見をお聞かせください!

フラビア・ペドロ
ポップカルチャーに情熱を注ぐ。アニメと漫画のファンで、リオデジャネイロのアニメ・ディクリア・プロジェクトのメンバー。 Rede Ardente そして他のウェブサイトでも。

コメントする