ローダーイメージ

13人の最強DCキャラクター・ランキング

DCコミックス史上最強のキャラクターを紹介!

DCコミックスの世界は、その誕生以来、世界中の多くのファンの注目を集めてきた。その人気は、ストーリーを基にしたアニメや映画作品の登場によって、最近になってさらに高まっている。

様々なプロットの成長と拡大に伴い、多くのキャラクターが登場し、読者の愛憎を勝ち取ってきた。しかし、出版社が世に送り出したキャラクターの中で、どれが最強なのか考えたことはあるだろうか?このリストでは、最強のDCキャラクター13人をパワー順に紹介してみた。見てみる気になりましたか?

ワンダーウーマン

ワンダーウーマンのキャラクター
ワンダーウーマンのキャラクター

ワンダーウーマンは、間違いなくDC最強のキャラクターの一人であり、最も愛されているキャラクターの一人でもある。彼女が最初に登場したのは、ウィリアム・モールトン・マーストンが創作した1941年のコミック『オールスター・コミック #8』である。

ワンダーウーマンというキャラクターは、当初は様々なフェティシズム的側面が組み込まれ、非常に物議をかもしたが、時が経つにつれ、他の脚本家たちによって彼女のストーリーはより良く脚色されるようになった。今日、ワンダーウーマンはバットマン、スーパーマンと並ぶDCの三本柱の一人である。

彼女のパワーはバージョンによって大きく異なるが、一般的には、ダイアナは女性しかいない島、テミスキラの女王の娘である。男性の世界では、彼女は超強力で敏捷な自警団員であり、真実の投げ縄やブレスレットなど、戦闘に役立つアクセサリーも持っている。彼女は戦いでスーパーマンを倒すまでには至らないが、ヒーローも無傷では済まない。

ダークサイド

悪役ダークシード
悪役ダークシード

無料放送のTVアニメ『ジャスティス・リーグ』を見ていた人なら誰でも、ダークシードがDC最強のキャラクターの一人であるだけでなく、最も象徴的な悪役の一人であることを知っている。彼とスーパーマンの戦いは視聴者の脳裏に刻まれ、彼が見せた残酷さは見逃すことはできなかった。

これはダークシードがDCユニバースに初登場したのではなく、ジャック・カービーが書いた1970年のコミック『スーパーマンの仲間、ジミー・オルセン #134』に登場したことが判明した。彼はニュー・ゴッズの神話とともに創られ、第4世界篇のメイン・ヴィランとして非常に重要な役割を果たした。

彼の主な目的はアンチ・ライフ方程式を解読し、宇宙全体を自分のイメージに作り変え、あらゆる生物の自由意志を破壊することである。しかし、これが解読されなくても、ダークシードはその超強力さと目から直接発射されるオメガ光線によって、すでにDCで最も強力なキャラクターの1人とみなすことができ、ジャスティス・リーグの全メンバーに苦戦を強いてきた。

アンチモニタ

アンチモニターのキャラクター
アンチモニターのキャラクター

アニメや映画しか見たことのない観客にはあまり知られていないが、それでもDC最強のキャラクターの1人だ。初登場は1985年のコミック『無限の地球の危機 #2』。

純粋な憎悪からなる存在で、多元宇宙を旅し、惑星、太陽系、銀河系、宇宙を吸収して破壊する。また、インフィニット・アース・クライシスでは、多元宇宙消滅計画の責任者として重要な役割を果たした。

彼はスーパーガールを倒し、さしたる努力もせずに殺した。その少女のいとこであるスーパーマンについては、彼の打撃はアンチモニタにはほとんど効果がなかった。そして、たとえ彼も倒されて殺されたとしても、彼は元の宇宙で再生するだけで、基本的に不死身なのだ。

スーパーマン

スーパーマンというキャラクター
スーパーマンというキャラクター

カル・エルはDC最強のキャラクターの一人であるだけでなく、最も有名なキャラクターでもある。このユニバースにあまり詳しくない人でも、彼を中心に作られたさまざまな映画やアニメで彼を知らない人を見つけるのはほとんど不可能だ。

1938年、ジェリー・シーガル原作、ジョー・シャスター画のコミック『アクション・コミックス#1』に初登場した。彼は、今は破壊された遠い惑星クリプトンに住んでいた種族の最後の一人である。

故郷を離れ、黄色い太陽の放射線を浴びたことで、彼は普通の人間とは異なるさまざまな力を得た。彼はスピードが速く、超強力で、目からレーザーを放ち、空を飛び、X線視力を持ち、氷の息を吐くなど、ストーリーによってその姿は異なるが、そのため彼はしばしばDC最強のヒーローと称される。

エクリプソ

キャラクター「エクリプソ
キャラクター「エクリプソ

エクリプソはCWの『スターガール』シリーズに登場するのでご存知の方も多いかもしれないが、初登場はもっと前、1963年の『秘密の家 #61』である。彼は、もともとは地球住民に罰を与えるために神が創造した怒りの感情を擬人化した魔法的存在だが、時を経て邪悪な存在となった。

不死身、不死身、超強力、異常なスピードで、間違いなくDC最強のキャラクターの一人である。さらに、片目からはレーザー光線を、もう片目からは麻痺光線を放つことができる。

ドクター・マンハッタン

ドクター・マンハッタン
ドクター・マンハッタン

ドクター・マンハッタンはもともとDCのカノンには含まれていなかった。彼はウォッチマンのストーリーのために作られ、他のストーリーとは独立していた。しかし、『ドゥームズデイ・クロック』以降、ドクター・マンハッタンをはじめとする何人かのキャラクターがメインラインに加えられ、DCの最強キャラクターから外すことはできなくなった。

ドクター・マンハッタンは、核事故で蒸発した科学者ジョナサン・オスターマンのコードネームである。彼は自らの意志の力で宇宙を構成する物質から自らを再構築し、素粒子レベルで物質をコントロールするなどの驚異的な力を与えられた。

彼にとって時間は非線形であり、現在、過去、未来をひとつのものとして見ているため、全知全能である。肉体的な強さ、テレパシー、テレポーテーションも彼の能力のひとつである。言うまでもなく、このキャラクターはDCの世界全体をフィクションとしてしか見ておらず、第4の壁を両足で蹴破っている。

スペクトラム

スペクターのキャラクター
スペクターのキャラクター

エスペクトロはエクリプソに似た神秘的な存在だが、それがこのキャラクターのコンセプトだったわけではない。彼はもともと1940年にジェリー・シーガルとバーナード・ベイリーによって創作され、犯罪や悪の勢力と戦うために死からよみがえったジム・コリガンという警官だった。

しかし、スペクターは1980年代に改編され、見かけ以上の存在であることが明らかになった。彼は実際に神の復讐を象徴する存在であり、エクリプソが犯した行為の後に神の罰の使者として取って代わったため、DC最強のキャラクターの1人となった。

その姿を現すには物理的な宿主が必要で、ジム・コリガンもその一人に過ぎない。ハル・ジョーダンやクリスパス・アレンなど、他のコミックではすでにスペクターになっている者もいる。分裂した力によって生み出された存在であるため、時間、空間、物質の操作を含め、その力はほとんど無敵である。

ルシファー・モーニングスター

ルシファーというキャラクター
ルシファーというキャラクター

多くの人はNetflixが脚色したシリーズで彼を知っているが、ルシファーモーニングスターは1954年のコミック『スーパーマンの仲間ジミー・オルセン#65』で初登場した。ストリーミング・プラットフォームの制作で使われたキャラクターの基本は、彼の原作コミックから大きく逸脱していない。

ルシファーはミカエルの弟で、どちらも神によって創造された。ルシファーは何世紀にもわたって地獄を管理していたが、神の設計に対して常に反抗的だった。ある日、彼は自分の仕事に嫌気がさし、地獄をモーフィアスに任せて人間界に行き、パブを開いた。

その後、より平凡な人生を送っているにもかかわらず、ルシファーは依然としてDC最強のキャラクターの1人だ。彼は実質的に全能であり、絶対的なゼロから何かを創造することはできなくても、何にでも形を与えることができ、この点でマイケルを補完している。

永久欠番

ザ・パーペチュアルズ
ザ・パーペチュアルズ

ニール・ゲイマンがコミック『サンドマン』で生み出したパーペチュアルは、普遍的な概念を象徴し、それゆえ神よりも強力だ。Netflixは最近このコミックをテレビシリーズ化し、一般の人々はDC最強のキャラクターである彼らの強さを垣間見ることができる。

パーペチュアルが象徴する概念は、夢、錯乱、欲望、死、絶望、運命、破壊であり、一般的に彼らの力は、それらが何であるかと本質的に結びついている。例えば、デスティニーは、宇宙で起こったこと、これから起こることすべてに関する情報が書き込まれた本を持っている。

最後の信仰者が死ねばその存在は終わる神々とは異なり、パーペチュアルはこの苦悩に悩まされることはない。そして、たとえ人類が滅亡したとしても、デスは最後の一人としてそこに立ちはだかり、皆をなぎ倒すだろう。このグループをDCの最強キャラクターリストに入れない手はない。

記述子

記述者エンティティ
記述者エンティティ

この神聖な存在は、神が宇宙に光があることを命じた瞬間に生まれ、最初の影となった。初登場は1989年に発売されたドレイク・ブルーノのコミック『Fate Patrol #31』。彼は物事の存在を消し去る力を持っており、DC最強のキャラクターの一人である。

このキャラクターには肉体がない。巨大な目として現れ、道徳観や人格、感情すら持っていないように見える。彼を倒す方法も、彼が引き起こす破壊を止めるよう説得する方法もない。

そのため、ドゥーム・パトロールがそれに直面したときは、破壊のペースを落とすことで対処した。そうすることで、人間には気づかれなくなった。

エレイン・ベロック

エレインというキャラクター
エレインというキャラクター

エレインはDC最強のキャラクターとなる可能性を秘めているが、そうなるまでにはまだ長い道のりがある。彼女はミゲル・デミウルゴスの娘で、神の孫娘であり、2000年に出版されたマイク・キャリーのコミック『Lucifer #4』で初登場した。

この少女は、デュナミス・デミウルゴスとして知られる神の力を含め、父親が死んだときに父親の力を受け継ぐ。彼女はまた、DCユニバースの神々の中でプレゼンスに代わって創造を指揮し、神の座に就く運命にある。

ミゲル・デミウルゴス

ミゲルというキャラクター
ミゲルというキャラクター

マイケル・デミウルゴスは文字通り、キリスト教の大天使ミカエルのDC版である。ルシファーと同じく神の子であり、ここではプレゼンスとして表現されている。ニール・ゲイマンとジョン・ボルトンが手掛けたコミック『Books of Magic #1』で初登場した。

彼は神の玉座の次の継承者であり、天使に期待される多くの能力を持っている。彼は空を飛ぶことができ、超強力で、不死身である。しかし、これは彼が死なないという意味ではなく、自然死ではないという意味だ。

彼はまた、物質を創造する能力を持っているが、それを好きなように成形することはできない。このようにして、彼と弟のルシファーはDC最強のキャラクターの1人として補完し合うことになる。

プレゼンス

実体 "プレゼンス"
実体 "プレゼンス"

マーベルの『ワン・オーバー・オール』をご存じなら、DCユニバースにおけるプレゼンスのコンセプトは間違いなくご理解いただけるだろう。これはフィクション全般で最強のキャラクターの1人であり、究極の神として機能する。初登場は1940年に発売されたコミック『More Fun Comics #52』で、キャラクターという概念はなかった。後に彼の声とされるようになっただけである。

彼は真に遍在し、全能で、全知全能である唯一の存在であり、最強のヒーローでさえも彼に対抗するチャンスはないだろう。彼は無限と永遠という概念を含むすべての創造主であり、破壊することはできない。しかし、将来的にはミゲルの孫娘であるエレインにその座を譲ることになるが、シリーズ最強のキャラクターの一人であることは間違いない。 DC.

しかし、もちろん、権力の問題は、あなたが読む物語の作家によって主観的になりうる。このリストを読み終えた今、次のリストもチェックしてみてはどうだろう。 マーベルの最強キャラクター10人?

この出版社の強力なキャラクターとなるべき人物を、他に思い当たる人はいますか?コメントでご意見をお聞かせください! 結局のところ、DCの最強キャラクターは誰?

ニック・ナルカメ
フルミネンセ連邦大学で文学の学位を取得。2011年から専門サイトや雑誌でアニメについて執筆しています。漫画、ドラマ、ゲーム、コスプレ、チョコレートにも興味があります。現在は Rede Ardente などがある。

コメントする